魔女たちの22時 メザイク(MEZAIK)

魔女たちの22時でメザイク(MEZAIK)といとうあさこが話題!魔女たちの22時でメザイク(MEZAIK)を使っていとうあさこさんの奥二重をばっちり二重に変身させたのは整形メイクの達人・田村俊人(タムー)さんでした。

スポンサードリンク

7月7日放送の魔女たちの22時は、2時間スペシャルで「人生大逆転SP」と題し、くわばたりえさんの結婚式の模様を放送されていました。その結婚式に呼ばれた女芸人のいとうあさこさんも大変身させようという企画が話題になりました。

いとうあさこさんを変身させるために呼ばれたが、整形メイクの達人・田村俊人(タムー)さん。

まずは、いとうあさこさんのメイクを落とします。すると目の下のくまのような色素沈着が目立ち、まるでアライグマのよう・・・。それを隠すためにおすすめの化粧下地として紹介されたのが「イヴ・サンローランのマットタッチラディアントベース」。このマットラディアントベースを使い、さっと手で顔に薄くのばすとうそのように目の下のくまが消え、顔がとっても明るくなっていました。驚きです。

●イヴサンローラン マットタッチ ラディアントベース SPF12 PA++ 30ml

さらに、日本の女性に多い「奥二重」を解消するために紹介されたのがメザイク(MEZAIK)でした。いとうあさこさんもぱっと見は一重に見えます。

※PCサイトをご利用の方はこちら→http://mobile-jpn.com/22/44_1.html

スポンサードリンク

<魔女たちの22時で紹介された一重解消グッズの商品名>

 【MEZAIK】メザイクの詳細はこちら

このメザイク(MEZAIK)は一重や奥二重さんの救世主で、ファイナルウェポンともいわれる植松晃士さんもおすすめの奥二重解消法。両端を引っ張ると中から透明な糸のようなものが出てきました。

これは極細のストレッチファイバー(粘着性繊維)だそうで、このメザイク(MEZAIK)を使うと、まぶたにくい込み、二重のような深いクビレを作ることができるだそうです。

使い方は簡単!このメザイク(MEZAIK)ストレッチファイバーの両端を引っ張り、自分のまぶたの二重にしたいラインのところに貼るだけなんです。テレビで見ていても簡単そうでした。

いとうあさこさんの一重のような奥二重も、まったく自然できれいな二重ラインに大変身していました。皮膚の表面をノリなどでつける二重グッズと比べ、ラインがよれたりアイシャドーが上手く出来なかったりということがないのでおすすめだそうです。

あなたもいとうあさこさんのように「整形メイク」のマル秘テクニックでぱっちり二重をゲットしちゃいましょう!

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

魔女たちの22時 炭酸ガス温泉コスメ
魔女たちの22時で炭酸ガスの温泉コスメが話題!2009年5月12日の日本テレビ・魔女たちの22時に藪野美生(やぶのみう)さんが出演。フランス・ロワイヤ地方の炭酸...

▲このページのトップへ

太陽光発電対応マンション